寝る部

常識にとらわれない新しい〝快眠〟を日々探求しているブログ

あなたのお部屋を一気督促状だらけの貧乏部屋に!大人の工作第1回「裸電球」

ご家庭に「ちょっと暗くて不便だなあ。」と思うところがありませんか?

 

私のアパートはお風呂場の鏡や、台所の上の棚が暗くて困ります。微妙にどの光も届かない。しかも台所の棚は、害虫やネズミがいそうで暗いと怖い。でもかといって、いちいち工事するわけにもいかない。

 

そこでおすすめなのが「裸電球」です。

 

明るくしたいだけなら別に懐中電灯でもいいような気もしますが、裸電球には、光源を増やす以外にも、あなたの心を豊かにしてくれる多大なメリットがあるのです。

 

今回は『大人の工作』と題し、昔懐かしい裸電球の作り方と、裸電球によって得られる「極上の弱者気分」についてご説明していきます。

 

目次


裸電球の作り方

作り方は以下です。

 

f:id:tsukarukatamade:20181009013851j:plain

 

 

f:id:tsukarukatamade:20181009014022j:plain

 

 

まず最初に火災保険に入るというところがポイント。

 

もちろん火事になる可能性が非常に高いので、少し掛け金が高い保険を選ぶとよいでしょう。

 
「ちょっと光が強すぎる」という時は?

裸電球はこのように家庭に余っている電球を使って、とても簡単に作成できることが分かりましたね。

しかしながらやや直に電球を見ると目に悪く、あなたの眼球がつぶれてしまう危険性があります。だからぜひ〝傘〟がほしいですよね。

とても簡単にこの傘を作れるものが、あなたのお家にあります。一切お金がかからず、工作も簡単で、しっかり光の強さを調節できるもの。

 

さて、一体それは何でしょうか?


裸電球に傘をつける最適のものは?

さて、裸電球の光を弱める、もっとも手頃でもっとも安上がりの「傘」は何か。

 

答えは

 

ペヤングの空き箱

 

です。

焼きそばを食べ、中味をよく洗ったら、その中に裸電球を収納しましょう。ペヤングの空き箱のスチロール素材が、絶妙に光の強さを弱めてくれます。ペヤングの空き箱と電球がまさかこれだけマッチすると一体誰が考えましたか?

 

是非次の日曜日、お子様と一緒に裸電球を作ってみてはいかがでしょうか?