寝る部

常識にとらわれない新しい〝快眠〟を日々探求しているブログ

【徹底研究】履くだけで熟睡できるパンツは何色でしょう?

f:id:tsukarukatamade:20181104134259j:plain

 

 

赤色のパンツを履くと元気が出ると聞いたことはありますか?

 

確かに私も赤色のパンツを履くとなんだか股間周辺がほかほかしてくるような気持ちがしてきます。逆に青色のパンツを履いている場合はどこか冷たい感じがしてきます。あなたはいかがですか?

 

世の中のものにはすべて色がついていて、ものづくりにたずさわる人はその色に頭を悩ませています。ブログやインターネットでも配色がいいか悪いかで、その良さが変わってきますよね。

 

 

したがって、もしかすると私が寝付きが悪いのは、この私のパンツの色に原因があるのではないかと考え、研究をいたしました。

 

無意識に私たちは色に誘導されています。そのためパンツの色を何色にするのか、ということは今夜のあなたの快眠に大きく左右する要素なのです。ここでは色に対しての心理的影響を考え、熟睡に最適なパンツを決定いたします。

 

色の働きや色彩心理はどうなっているか。

 

色による心理的な影響は文化によって関わってくるようです。

その生理と心理的作用をそれぞれの代表的な色について考えていきましょう。

 

 

赤色は刺激的な色

f:id:tsukarukatamade:20181103193135j:plain

赤は警戒心を注意力を引き出し感情的興奮や刺激をもたらす色です。波長が最も長く交感神経に刺激を与えて体温や血液や脈を上げる作用がある。確かに赤色のパンツを履くとほかほかとした印象を受けるのは赤の見た心理的要素によるものであるのかもしれません。やはり熟睡には不適と考えられます。

 

オレンジ色は心理的に「陽気」にしてしまう。

 f:id:tsukarukatamade:20181103193143j:plain

楽天的で陽気な印象のある色。消化や新陳代謝を良くする作用があり体を活動的にします。ですのでオレンジもあまり睡眠には最適とは言えないでしょう。

 

 

黄色は運動神経を活性化させてしまう。

 f:id:tsukarukatamade:20181103193153j:plain

黄色は明るさや希望を与える色で運動神経を活性化させます。脳の活性化が進み頭の回転を速くするので集中力などをアップするのに効果的な色ですが、睡眠には必要のない要素と言えるでしょう。

 

緑色は情緒の安定や安心感の増加をもたらす。

f:id:tsukarukatamade:20181103193201j:plain

体を売りやすいようであり筋肉ほぐしリラックスしてくれますあるので確かに緑なのを見ると心が落ち着くことは確かです。目にも良い影響を与えるのが緑色。筋肉や骨などといった体の組織の細胞を創る力を促進する効果もあります。

 

青色は冷静で爽快感のある色。

f:id:tsukarukatamade:20181103193207j:plain

青は精神を落ち着かせる色。痛みの緩和の作用もあります。

 

 

紫色は高貴さと優雅さを表す。

f:id:tsukarukatamade:20181103193214j:plain

集中力のアップ効果があります。リンパ管や心筋運動神経の働きを抑制するそうです。しかし睡眠にはあまり関係ないと言えるでしょう。しかしながら注目したいのは沈静化という機能もあることです。その点でパンツには向いていますが、「欲求不満」という嫌なイメージもあるので注意が必要です。

 

 

黒色は力強さを与える色。

f:id:tsukarukatamade:20181103193221j:plain

相手を威圧する力を象徴するようです。となると黒もパンツとしてはあまり最適とは言えませんね。

 

 

白色は純粋純潔され純真さを表す色。

f:id:tsukarukatamade:20181103193230j:plain

過去をリセットさせる色と考えられています。ですので熟睡には結構よいかもしれません。昼間にイライラすることがあって眠れない時は定番の白パンツで過去をリセットしましょう。

 

色の要素は単純にカラーだけではない

 このような点を考え合わせますとパンツの熟睡に最適なのは情緒の安定を促す緑が最適と言えるでしょう。青色も冷静で鎮静作用があるとはいえ体温の低下を導くので、夏場などは良いでしょうが、冬場は寒さが勝って寝られないということもあるかもしれません。

 

したがってパンツとしては緑がベストです。

 

しかし緑と言ってもまた色々あります。エメラルドや、暗い緑色などどれがいいのでしょうか?

 

彩度と明度から色彩の情報を与えているという面があります。つまり同じ緑色だったとしても陽気な緑色や陰気な緑色などがあるのです前の家その点について考えていきましょう。

色の別の要素その1――明度

明度とは色の鮮やかさを表すファクターです。明度が高いほど陽気な印象を与え明度が低いほど陰気な印象を与えます。

f:id:tsukarukatamade:20181103193518j:plain

明度大の緑



f:id:tsukarukatamade:20181103193540j:plain

明度小の緑

 

 明度が低い方が、ずっしりと、寝るにふさわしい厳粛さが備わります。明度が低いと重い印象になり、高いと軽い印象になる。それに明度が高いパンツを履くと、チャラく見られてしまうかもしれません。

 

色の別の要素その2――彩度

 彩度も同じように色を表現します色の濃度。つまり白がどれくらい混じっているかという問題です。

f:id:tsukarukatamade:20181103193714j:plain

彩度大の緑

f:id:tsukarukatamade:20181103193733j:plain

彩度小の緑

 

彩度が高いと少し目がチカチカして、目が覚めてしまいますね。

 

以上から、明度も彩度も低い緑色がベストと言えます。

 

※ちなみに、彩度と明度の両者の違いについて見事な記事がありましたので、ここにご紹介しておきましょう。

 

harmonycolor.hatenadiary.jp

 

結論――熟睡に最適なパンツはこれだ!

つまりこのパンツが熟睡にとってベストということになるでしょう。

https://amzn.to/2JADN89

 

では。

みなさんがいい夢が見られますことをお祈りしています。