寝る部

誰よりも寝ることにストイックな男が、寝る間を惜しんで「寝る」と「あるある」を研究するブログ

「バイトあるある」厳選10個!都会の夢見るフリーター必見!!

f:id:tsukarukatamade:20191212090004j:plain

バイトが楽しくて楽しくてしょうがないという人は少ないでしょう。やりたいことがアルバイトと一致してるならいいですが、そもそも一致してないからしょうがなくやるものが、アルバイトというものだからです。

そこで、すでに過去数万のあるあるを発見してきた我が「ある部」が、その中から「アルバイトあるある」を厳選してご紹介いたします。

別にあるあるを見たからといって時給が高くなるというわけでもないですが、「あ、それ俺だけかと思ってたけど、そうじゃないんだね!」とか、「おれも極上のあるある見つけてやるぜ!」とかいった気持ちになり、バイト中の孤独を感じる時間が若干短くなること間違いなし。ぜひ一つ一つチェックしてみてくださいね。

バイトあるあるその1――バイト中、2分おきに時計見る。

f:id:tsukarukatamade:20191212085910j:plain
とにかく時間が進まないのがアルバイト。このあるあるを覚えておくことによって時間が経たないことさえも楽しいものになるという大きな価値転換が図れます。

バイトあるあるその2――バイトとかの初日、「はい」を最低でも10000回は言う。

f:id:tsukarukatamade:20191212085524j:plain
ずっと教えられ続けて、かなり口が「はい」という形になってしまいます。その点だけはよく気をつけておきましょう。

バイトあるあるその3――誰かと口喧嘩とかしたあと、「ああ言ってやればよかった!」とかナイスな言い回しが浮かんで、ちょっと一人で練習する。

f:id:tsukarukatamade:20191212085929j:plain
バイト先は価値観の違うやつとも触れ合うなければいけないので口喧嘩に発展してしまうこともあるかもしれません。何かムカつくことがあっても、勤務時間外はこだわらず、さっさとやりたいことで発散させましょう。

バイトあるあるその4――長く働いた後に「お疲れ様でした。」と言ったあと、ロッカーに激突するやつ。

f:id:tsukarukatamade:20191212085453j:plainたまに残業なんかをお願いされてしょうがなく働いた時は、こういった事故が起こりますので気をつけておきましょう。

バイトあるあるその5――風呂上がりに足を上に向けるストレッチみたいなのすると、イチモツが宇宙人みたいに見える。

f:id:tsukarukatamade:20191212085606j:plain

やっぱりバイトは足が疲れますから、そこで家に帰って全裸でストレッチをするときは宇宙人と間違えないように気をつけましょう。

バイトあるあるその6――バックヤードでは、サンタの帽子被る被らないで若干のすったもんだがある。

f:id:tsukarukatamade:20191212085744p:plain
単に働かせるだけでは飽き足らず、なんか余計な販促なども同じ時給で任せられることもあります。そんな時はこのあるあるを思い出し、しょうがねえなあと思いながらやってやるようにしましょう。

バイトあるあるその7――よろしくお願いします!

これのどこがあるあるなのと思うかもしれませんが、これはびっくりマークの部分です。

少し「バイト・ハイ」みたいな感じになって、本当の夢や志を見失って、無駄に自己犠牲の精神が高くなっちゃってる暑苦しいバカってバイト先にぜったいいるよね、という意味のあるあるです。

バイトあるあるその8――せっかくがんばって多めに稼いでも、がんばった分ストレスがたまって、見事にその分を使っちゃう。

f:id:tsukarukatamade:20191212085830j:plain

これはアルバイトの場合はよくあることでしょう。かといってせこせこ貯金をするのもまた、アルバイトの場合は少し話が違う気もします。やりたいことや志に全部つぎ込むことがとても大切と言えるでしょう。

まとめ

f:id:tsukarukatamade:20191212085808j:plain

私は今でこそライターとして多少の金がもらえるようになりましたが、これだけ大量の「バイトあるある」を思いつけるところからしてバイト時代が長かったことが想像されるのではないでしょうか。好きでもないやつ、尊敬できないやつに適当に相槌を打ったりお世辞を言ったりしていました。

バイトではしっかり距離を取り、「あるある」を見つけながら、存分にカッコつけたらいいと思います。

でも本当にやりたいことでは、それではいけない。馬鹿であれ。必死であれ。さすればあなたからどうしても目が離せなる誰かが、きっと現れるはずです。本気でやっていることには一つも「あるある」はないのです。