寝る部

誰よりも寝ることにストイックな男が、寝る間を惜しんで「寝る」と「あるある」を研究するブログ

【2020最新ヒゲトリマー】髭歴20年が徹底比較したおすすめ13選!

f:id:tsukarukatamade:20200109090905j:plain

(2020.3.13.更新)

ここでは2020年に販売されているヒゲトリマーのおすすめをご紹介しています。

ひげ歴20年の私は様々なヒゲトリマーを探し研究してきました。さえるべきはまず、シェービング3大メーカーの特徴の違い、それから、それぞれのメーカーで販売されているハイエンドモデル、ミドルエンドモデル、エントリーモデルで比較していくことです。そうすれば簡単にさまざまな商品の整理・比較ができます。

※ヒゲトリマーの使い方についてはこちらのページを参考にしてください。

 

ヒゲトリマーのメーカーごとの特徴とは?

まず最初に、ヒゲトリマーのおすすめメーカーを俯瞰しましょう。

「2020年の春、ヒゲトリマーのおすすめブランドは?」

  1. Braun ブラウン
  2. Philips フィリップス
  3. Panasonic パナソニック

ひげや電気シェーバーで有名なメーカーといえば「ブラウン」「フィリップス」「パナソニック」の3つ。

まずこの3つのメーカーの違いや選び方について簡単に理解しておきましょう。

 

「BRAUN(ブラウン)」――アタッチメントが豊富で意外と安い!

f:id:tsukarukatamade:20191230105430p:plain

電気シェーバーで有名なドイツのブランドです。

ヒゲトリマーの特徴としてはダイヤル式で長さを調整できるようになっているところ。短くしたり長めにしたりなどといったことが自由自在に変えられます。

f:id:tsukarukatamade:20191231221204j:plain
ヒゲトリマーのラインナップは少なめですが、アタッチメントが豊富。最大20ミリの長さまで対応できるのもポイント。また他の2社に比べて価格が安い傾向があります。「ブラウンでこの値段?!」と驚くはずですよ。

 

「Philips(フィリップス)」――ラインナップが超豊富!!

f:id:tsukarukatamade:20191231221352j:plain

こちらもブラウンに並ぶシェーバーや電動歯ブラシで有名なオランダのブランドです。商品ラインナップがかなり多く、防水式やもみあげ用など電池式や充電式など様々なタイプのヒゲトリマーが販売されています。

f:id:tsukarukatamade:20191231221220j:plain
またシェイバーでも採用されている自動研磨機ので油をささなくても良いお手入れの簡単な商品もあります。

 

「Panasonic(パナソニック)」――充電池の安定感は流石日本!

f:id:tsukarukatamade:20191230115821j:plain

ご存知、日本の大手電機メーカー。

日本製であることが何よりの特徴でしょう。だから日本人にとって使いやすいデザインや機能、日本人の肌にぴったり合った商品であることがポイント。それから充電切れや消耗も少なく、また充電が切れかけた時にパワーが落ちることもないのが日本製。

f:id:tsukarukatamade:20191230210145j:plain出典:www.amazon.co.jp/dp/B0742G961R

細部までしっかりデザインできるスマートタイプや部屋やボディまでトリミングできるモデルなど、確かに「ありがたい!」と日本人が大声で叫ぶ機能が豊富です。

 

三社のメリット比較表

  ブラウン フィリップス パナソニック
ドイツ オランダ 日本
価格傾向 安め 普通 やや高め
充電機能
お手入れ

 

「BRAUN(ブラウン)」でおすすめのヒゲトリマー4種類!

f:id:tsukarukatamade:20191230105430p:plain

まず最初に、今回ご紹介するヒゲトリマーをすべて俯瞰しましょう。

「2020年の春、通販でおすすめのヒゲトリマーベスト13」

  1. BRAUN 「BT7040」
  2. BRAUN 「BT3040」
  3. BRAUN 「BT3021」
  4. Philips 「BT5511/15」
  5. Philips 「MG5730/15」
  6. Philips 「BT3213/14」
  7. Philips 「MG3720/15」
  8. Philips 「MG1102/16」
  9. Panasonic 「ER-SB60」
  10. Panasonic 「ER-GD60」
  11. Panasonic 「ER-GB40-W」
  12. HATTEKER
  13. LOZENSTAR 「TR-474」

ではまずブラウンの、上位機種から、おすすめをご紹介していきます。

 

BRAUNその1――細かいところまでデザイン可能なハイエンド!!「BT7040」

最上位機種がこちら。ハイエンドでヘアカットやシェービングまで。ダイヤル操作も使いやすく、アタッチメントを適宜取り替えればきめ細かく思い通りにデザインできます。調節幅も0.5mmで39段階、0.5~20mmの範囲でデザイン可能。ヘッドが入りにくい細かいところはキワゾリ用アタッチメントに取り替えればOK。

またヒゲの濃さを検知してパワーなどをコントロールする人工知能搭載なのもポイント。充電切れしにくいです。

 

BRAUNその2――Amazon売り上げ1位の最強トリマー!!「BT3040」

アマゾンの売り上げの1位を独占している超人気商品。

f:id:tsukarukatamade:20191231145742j:plain

値段もかなり安く、それでいて充電可能ですし完全防水、水洗いもOK。0.5mm間隔で長さを調節することができ、文句なし。確かに1位は必然。

せいぜい唯一の難点は充電力か。8時間の充電で、1時間の連続使用。でもヒゲトリマーとしては十分でしょう。T字髭剃りのジレットフュージョンもついてきます。

 

BRAUNその3――短期的にヒゲを生やす人におすすめリーズナブルタイプ「BT3021」

ブラウンのエントリーモデルがこちらです。0.5ミリずつ、1~10mmまでの範囲で調節ができます。アタッチメントなどはハイエンドモデルに比べるとやや少ない。あと充電池の性能が低い。たまに使うなら十分。

 

「PHILIPS(フィリップス)」でおすすめのヒゲトリマー5種類!

f:id:tsukarukatamade:20191231221503j:plain
続いてフィリップスの5種類をハイエンドモデルからご紹介していきます。

フィリップスのヒゲトリマーはBTシリーズとMGシリーズがあります。

●BT――ヒゲトリマー専用

●MG――マルチグルーム。頭髪や体毛もオッケー

それぞれにハイエンドモデルやエントリーモデルがあります。

 

フィリップスその1――ハイエンドモデルで、刈り残しゼロ!「BT5511/15」

ヘアコームも着いたフィリップスのハイエンドモデル。「リフトトリミングシステム」で寝た髭もしっかり引き上げてムラなくトリミングできます。実際ヒゲトリマーを使うとわかるのですが、一本だけ「刈り残し」があって、ひょろっと伸びていると一日中めちゃくちゃ気になります。防水機能あり。

それからアタッチメントがアメフトのヘルメットみたいになっていることもポイントです。これのおかげで必要以上に刈りすぎてしまうことを防ぐことができます。このように前面も防護されていないと、トリマーの角度によって短く刈りすぎてしまうのです。

 

f:id:tsukarukatamade:20190208023729j:plain

👆こちらは私が5、6年前に買った旧タイプのヒゲトリマーなのですが、このタイプのアタッチメントだと……

f:id:tsukarukatamade:20190208023641j:plain

👆わかりますか?歯が当たっちゃう。アタッチメント意味なし。長さが揃えにくい。

f:id:tsukarukatamade:20190208023909j:plain

👆しかしこちらのアメフトタイプですと………………

f:id:tsukarukatamade:20190208023548j:plain

👆わかりますでしょうか。歯が当たりえない構造になっている!だからどんな持ち方をしても長さがバッチリ揃うんです!

 

フィリップスその2――鼻毛も耳毛もムダ毛なし!「MG5730/15」

こちらはヒゲトリミングのみならず10種類の様々なアタッチメントが付属していて、鼻毛やもみあげそれから頭の毛をトリミングできる「マルチグルームシリーズ」の中の最上位機種。

f:id:tsukarukatamade:20191231145558j:plain

髭に関して言えば1.2mmや3~7mmの長さに対応。フルメタル5トリマーでかなり細かいところも丁寧にデザイン。ヘアートリミングに関しては9mm、12mm、16mmの3種類。体毛などもこれ一つで全てトリミング可能。45°角刃で正確にトリミングできるのもポイント。

 

フィリップスその3――メンテナンスが最高で使いやすい!「BT3213/14」

BTシリーズのエントリーモデル。リーズナブルながら切れ味が落ちにくい自動研磨製のステンレス刃が採用されていたり、刃先に丸みを帯びさせて肌を傷つけないようにされているのも特徴。充電機能が少しハイエンドモデルより性能が悪い。1時間のフル充電で60分の使用。オイル差しなどもいらないのでメンテナンス性は高い。

 

フィリップスその4――あらゆることができるが……「MG3720/15」

マルチグルーミングのエントリー。鼻毛耳毛それから頭髪もカット可能。

髭は4種類のコームがあって1~5mmで調節(←ちょっと調節幅が狭い、普通は1~10mm、ブラウンなら0.5~20mmタイプもあることに注意)。

ヘアカット用は9mmでカットできるコームが一個付属。しかしどの機能も中途半端の感は拭えません。長さのバリエーションはハイエンドモデルに比べると少なめですし、やや買ってから後悔する可能性ありです。充電池の性能も少し頼りないかな。

 

フィリップスその5――電池式で外出先でも手軽に使える!!「MG1102/16」

こちらはフィリップスの乾電池式。

乾電池タイプだからサイズが小さく鞄などに入れて外で使うことも可能。さらに先がとても小さい21㎜幅なので細かなデザイン調整などに重宝するでしょう。

 

「Panasonic(パナソニック)」でおすすめのヒゲトリマー3種類!

f:id:tsukarukatamade:20191230115821j:plain

続いてパナソニックのヒゲトリマーを3つご紹介いたします。

 

パナソニックその1――これぞメイドインジャパン!肌に優しい「ER-SB60」

ハイパワーリニアモーターを採用したパナのハイエンドモデル。

1分間9800ストロークで、スムーズなトリミングが可能。刃は先端が広くなって寝たヒゲをしっかり起こして刈ってくれます。

アタッチメントは2種類付属(普通のアタッチメントとディテールアタッチメント)。ディテールアタッチメントを使えばかなり狭いところもスタイリングしやすい。0.5mm刻みで調節幅は0.5~10mm。さすが国内製だけあってそのダイヤル操作のスムーズさなど、使いやすさは最高。

 

パナソニックその2――素晴らしい「I型」トリマー!「ER-GD60」

こちらは珍しい「I字」タイプのヒゲトリマー。

f:id:tsukarukatamade:20191231145441j:plain

顎のしたや、口周りなども持ち替えてトリミングがしやすい。こちらはラウンド状のトリマー刃を使用していて、そのまる味がいい感じ。肌も挟まず。パナソニックは何より肌あたりが良い!とてもスムーズで快適な使用感です。

f:id:tsukarukatamade:20191231145509j:plain

 

パナソニックその3――パナソニックのリーズナブルタイプ「ER-GB40-W」

こちらはパナソニックの完全防水機能付きです。さらに0.5㎜幅で長さ調節ができるのも特徴。

完全防水なのでお風呂に入りながらでもさっと髭を整えることができます。太さやグリップが絶妙で、しっかりあなたの手の中におさまって、とても動かしやすい。

ちなみに我が寝る部は、「朝風呂」を提唱しており、その朝風呂でさっとヒゲトリマーで調節するのが一番効率的だと思っています。この完全防水ならばそれも可能です。

 

その他のメーカーでおすすめのヒゲトリマー2種類!

やや知名度は劣りますが安さでおすすめのヒゲトリマーを二つご紹介いたします。とりあえず一時的にだけ髭を生やしたいなどと思っている人におすすめです。

 

その他のヒゲトリマーその1――手軽に体毛を処理「HATTEKER」

Amazonでバリカン関係の商品を検索すると必ずと言っていいほど登場するハッカー。

中国製のヒゲトリマーなのでやや不安が残るという人も多いかもしれません。とはいえやはり鼻毛トリマーから耳毛カッター、ボディトリマーも備わったかなりマルチな活躍ができます。

充電も1.5時間の充電で60分。USB充電も可能。メーカーなどにあまりこだわらないという人にとっては価格も安い。ずっとではなく、一時的に髭生活を送りたいと考えている人はこちらで十分でしょう。

 

その他のヒゲトリマーその2――コンパクトサイズで出先でもトリム!「TR-474」

コンパクトなヒゲトリマー。手に収まるサイズで遠出をする際などにもおすすめです。リーズナブルなタイプではありますがトリミングの高さは7段階で調節可能。アタッチメントは11交換せずにスライドして調節できます。

 

ヒゲトリマー比較表

 

BT7040f:id:tsukarukatamade:20191230105517j:plain BT3040 BT3021f:id:tsukarukatamade:20191230181636j:plain BT5511f:id:tsukarukatamade:20191230122121j:plain MG5730f:id:tsukarukatamade:20200107051635j:plain BT3213 f:id:tsukarukatamade:20200107051639j:plain MG3720f:id:tsukarukatamade:20200107051642j:plain MG1102 f:id:tsukarukatamade:20200107051646j:plain ER-SB60f:id:tsukarukatamade:20191230180616j:plain ER-GD60f:id:tsukarukatamade:20191230180630j:plain ER-GB40f:id:tsukarukatamade:20200107051651j:plain HATTEKE TR-474f:id:tsukarukatamade:20191230181328j:plain
メーカー ブラウン ブラウン ブラウン フィリ フィリ フィリ フィリ フィリ パナ パナ パナ HATTEKER ロゼンスタ
スペック ハイエンド ミドル エントリー ハイエンド ハイエンド エントリー エントリー 携帯 ハイエンド ミドル エントリー 中国 携帯
特徴 充電機能が高い
人工知能テクノロジー搭載
Amazon売り上げ1位! 刃の自動研磨
機能でお手入れ簡単。
0.2mm幅 40段階設定可能。
寝た髭もバッチリ
オイル差し不要
多用なアタッチメント
1mm単位調節で、 手軽にヒゲデザイン 鼻毛カッターまで可能 電池式。シェービングもトリミングも いつでもどこでも手軽に。 肌辺りのいいパナのハイエンド 細部までデザインできるI型デザイン 扱い安い極太デザイン、置くだけ充電 ボディトリマーも備わったかなりマルチな活躍。 コンパクトサイズで遠出の際もおすすめ
調節幅 0.5~20mm 0.5~20mm 0.5~10mm 0.4-20mm 1mm~5mm 0.5, 1-10mm 1mm~5mm 1mm~5mm 0.5~10mm 0.5~10mm 0.5mm~10mm 0.5~10mm 3~21mm
防水 × × × × × × ×
充電・使用時間 1h・1.5h 8h・1h 10h・40min 1h・1.5h 16h・80m 10h・45m 16h・1h 電池で2h 1h・? 1h・? 12h・45m 1.5h・1h
価格 6,760円 3,184円 3,586円 5,564円 5,470円 3,030円 2,323円 2,047円 12,937円 9,485円 3,930円 3,499円 3,278円
商品リンク

※価格は2020年3月10日時点。

 

まとめ――初心者はBT3040でキマリ!

色々と商品がありますが、ブラウンは「機能に対する安さ」、フィリップスは「ラインナップが豊富で体毛なども可能」、パナソニックは「肌に優しい、充電池の性能が高い」とまずは覚えるとよいです。

 

🔰初心者はBT3040(ブラウン)

お金に余裕がある人はER-SB60(パナソニック)

がおすすめ。

とにかくヒゲを生やしていてヒゲトリマーを持っていないのはかなり不便です。まずはBT3040を買いましょう。

 

※ヒゲトリマーの使い方についてはこちらのページを参考にしてください。

メンズリゼ