寝る部

常識にとらわれない新しい〝快眠〟を日々探求しているブログ

25時間サイクルで生活すると、24日で1睡眠分まる儲け!?(25時間生活第8回10月20日22時付)

f:id:tsukarukatamade:20181021010201j:plain

 

「人間の体内時計は25時間だ」

という説にしたがい、

生活サイクルをそれに合わせてみる。

 

つまり「睡眠時間7時間、起床時間18時間」で毎日のスケジュールを組む。

 

そうすれば果たして快適なのか、俺の収入は増えるのか減るのかを検証してみる企画である。

 

今、その6日目(6睡眠)を終えたところだ。

 

今日のスケジュールは昼の12時~19時に就寝するスケジュールだったが、

起きたのは19時30分。

 

25時間生活はじめての寝坊をした。

 

その原因について詳しく調べていきたいと思う。

 

寝坊した原因その1――途中で小便で起きちゃった。

 

確か15時頃だったが、小便で起きてしまった。

 

しかも、これは男にしかわからないことなのだが、

男には起床後ちょっと小便を出しにくい

コンディションの時があるのだ。

 

昨日なんかはまさにそれだった。

 

極力薄目で用を足したものの、

ちょっと便器から飛び散らしてしまったり、

足にかけてしまったりといった

事故もあった。

f:id:tsukarukatamade:20181021001855j:plain

 

即座に布団にもぐりこんだが、

この一連の動作による、わずかばかりの覚醒が、

睡眠時間7時間分の睡眠量を減らし、30分分だけ、

引き延ばしたものと考えられる。

 

寝坊した原因その2――慣れてきている?

不安はこちらだ。

 

目覚ましは19時に鳴ったのだが、

それを消してそのまま30分寝込んでしまった。

要するに二度寝だった。

 

25時間生活中

さすがに二度寝はなくなっていて、

それは大きな利点だと思っていた。

 

すぐに寝て、すぐに起きれる。

ここが最大のメリットなのである。

 

しかしながらこれまで二度寝しなかった原因は

単に新鮮だったからかもしれない。

 

この新手の生活スタイルにドキドキわくわく感があって、

目覚ましで意識を取り戻した瞬間も

「あ、起きれちゃた!」

という喜びや感動が俺を布団から

這い出させていたのだ。

 

俺は

恋愛をまだ知ったばかりの16才、

箸が転んでも笑う処女だったのだ。

 

しかしその喜び、ドキドキ感も

次第に薄れる。

 

「どーせ25時間でしょ。」

みたいにパターン化される。

 

色々な体位を試し、子供もうみ、

人間の人生の喜びすべてを知り尽くす。

 

いわば俺は「25時間生活」の

シミたればばあ。

 

こちらが原因で二度寝したというならば、少し怖い。

 

だってもしもこのことが原因だったならば、

もっと刺激を与えるために

今度は26時間生活だ、今度は48時間だ、

と概日リズムをどんどん伸ばしてしまうことになるからだ。

 

俺は「かまとバア」になるのではないか

 

だが今ここまで書いてふと思い出したのは、

最長寿でギネスブックに載ったおばあちゃんだ。

 

もう亡くなられたようだが、116才くらいまで生きて

世界最高齢として注目を浴びた人。

 

この人の長寿の秘訣として考えられているのは、

その生活サイクルにあった。

 

「世界最高齢まで生きるくらいだから、

さぞかし規則正しい生活を送っていたんだろうな。」

 

と思うかもしれないが、規則正しいどころじゃなかった。

 

この人は2日寝て、2日起きるという生活サイクルだったらしい。

「48時間生活」だ。

 

ただし生まれてからずっとその生活をしていたと思っていたが、

おばあちゃんになってかららしい。

 

でも普通おばあちゃんならば、

そんな生活を送ればすぐに身体を壊しそうなものだが、

その後も元気で生き続けたという。

 

25時間生活をすると、24日で1睡眠分、まるまる儲かる!?

それから、まったく関係ないのだが、

ふと今気づいたことがある。

 

これ、結構大発見かもしれない。

 

前回(第7回)スケジュール確認のために

このような表を用意した。

f:id:tsukarukatamade:20181019184716p:plain

何も気にせずエクセルでぴゃっっと作っただけだ。

これで「あー、24日で1サイクルなんだねー。」

と思っただけである。

 

でもよく考えるとおかしい。

1日目、2日目の「単位」がおかしい。

あくまで睡眠の回数なのだ。

 

正確に言うと、24日ではなくて

「24睡眠で、1サイクル」

なのである。

 

つまり10月1日から25時間生活をはじめた場合はこうなる。

f:id:tsukarukatamade:20181021000319p:plain

 

注目したいのは17~18睡眠目で、ここで規則性が崩れていること。

f:id:tsukarukatamade:20181021000513p:plain

 

そこまでは就寝する日と起床する日が同日なのだが、

ここを境に日をまたぐことになっている。

 

結果、10月25日を24睡眠で迎えられている。

普通の人なら25睡眠必要なのではないだろうか。

 

 

このおかげで25時間生活は、

普通の24時間生活よりも

24日ごとに、

1睡眠分

得しているのではないか。

 

という結論を、なんか導けそうなのだ。

 

なんかうまいこと周回遅れ分があって、

いつの間にか少ない睡眠回数で

正常の生活と同じ状態になるのではないか

という仮説。

 

まだ仮説である。

もしかすると「1睡眠分損」のほうかもしれない

 

ちょっと一瞬だけ考えてみたがよくわからない。

とりあえず明日このことをもう一度掘り下げて、考えてみよう。

 

 とりあえず今日の報告はここまで。

今日は時間がない。

俺はトイレ掃除をしなくちゃいけないからだ。

 

第9回

tsukarukatamade.hatenablog.com